2006年07月21日

国内保証援助会7。

母が、頭を下げて、友人から、5万円を借りてきて、
再び、振り込んだ。
Xデーが近づいている。


保証人の条件として、
「代表取締役はNG」というのを伝えていなかったのは、私たちなので、
前回は、私たちに落ち度があったのは事実。
まだ、保証人の方の情報を一切、どこにも公表していないばかりか、
審査にもかけていないのに、
さらに、また5万円かかるというところに、不安はあったけれど、
結局、もう一度、チャレンジ。
前回もすぐに、見つけてくれたから、
その点の不安は消えていた。

今日、申し込んだばかりだから、
さすがに、今日は、連絡なし。


不安がつのる。
家族から笑顔が消えていた。
仕事も手がつかない。

Xデーが近づいている。







ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!
posted by 梅田 まりも at 01:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

国内保証援助会6。

午前中に電話があった!
保証人が見つかったという!!
喜ぶ梅田家一同。


さっそく、保証人になってくれるという人のデータのFAXが送られてきた。

でも、私はまだ信用しきっていなかった。
2ちゃんに
「紹介したはいいけど、サラ金から借りまくってるブラックな奴を紹介された。
 そんなんで、審査通るわけないじゃんっ(怒)!」
ってのがあったからだ。まだ、油断はできない。

疑り深い私は、その人の勤務先をiタウンページで調べた。
というか、自営の社長さんだったので、
住所と会社が本当に存在するのかを確かめた。
架空の人物かもしれないし…。

結果、ちゃんと存在した。
これで、私もかなり安心した。

あとは、融資してくれる消費者金融A社の方へ、
保証人が見つかったことを連絡して、審査してもらうだけだ。
あかの他人が、保証人になってくれるわけがないので、
国内保証援助会の担当者と、保証人さんと父との関係性を打ち合わせする。


担当者 「関係とか、筋書きはおまかせします。」


って、ウチで考えるのぉ〜!?
あ、そう。
なんか、だいじょうぶ?いい加減しゃない?
これって、かなり、重要なポイントじゃないの?
って思ったけど、筋書きは、結局、私が考えた(苦笑)。

保証人になってくれる方は、父より10歳くらい年下で、
かなり遠方の方だったので、
おじいちゃん同士(それぞれの父親)が、戦争時代の親友で交流がある、
という設定にした。
先方には、A社から連絡がいくわけだから、
我が家の家族構成とかも、一応、知っておいてもらわないと困るので、
その趣旨も担当者に伝えた。

私は、直接、担当者と話をしていないが、
父との電話でのやりとりを聞いていても、
ちょっと不安になる感じだったけど、なんとか話をまとめた。

父曰く、
担当の男性は、とても感じがよくて、いい人そうだけど、
使えない、らしい(苦笑)。
そうは言っても、こっちは、無理言ってるしねぇ〜。
謙虚にならないとね。


そして、融資先のA社に保証人が見つかったことを連絡。
予想どおり、A社の方で、直接、保証人に連絡をとりたいとのこと。
でも、その前に、保証人について、簡単な質問を受けた。



A社 「お仕事は何をなされてる方ですか?」

父 「しっかりした方なんですけどね。(←そんなこと聞いてない。苦笑)
   会社をやっておられる方でしてねー。」


A社 「あ〜、困ったなぁ。社長さんというか代表取締役の方は、保証人にはなれないんですよ〜。」





えぇ〜!聞いてないよぉ〜!!






いや、まじで、聞いてないよぉ。
ちゃんと審査に通る保証人を見つけるために、
勤続年数とか、年齢とか、持ち家かとか、社会保険かとか、
条件は、ばっちり確認したはずなのにぃ〜!
そんこと、一言も言ってなかったじゃ〜ん!!

とは、言えず、落胆しながら、父は電話を切った。
その旨を、すぐさま、国内保証援助会に伝える。

そして、もう1社、同じく保証人がいたら、500万円の融資をしてくれる
と言って消費者金融B社に、申し込んでもよいものかを確認する。

先程のA社には、保証人になってくれる人の名前も住所も電話番号も、
一切、公表してはいない。社長ということ以外はね(苦笑)。

しかし、保証人になってくれる方は、
A社への申し込みを引き受けたのであって、
B社に申し込むとなると、最初の話と違うので、確認をとります、
と担当者が言う。

一同、落胆しながらも、電話を待つ。
一同、無言で待つ。



担当者 「やはり、最初の話と違うので、もう引き受けられないそうです。」





終了。




この話は、白紙になってしまった…。
失敗。

それでも、あきらめるわけにはいかない梅田家は、
父にもう一度、電話をさせる。


父 「B社の方で確認を再度とりまして、条件をしっかり確認しましたので、
   もう一度、条件に合った方を探して頂けますでしょうか?」


担当者 「はい。わかりました。
      しかし、1社のお申し込みにつき、おひとりのご紹介ですので、
      別途、お申し込み料がかかりますが、どうなさいますか?」




やっぱ、そうきたかー。
でも、もう後がない私たちは、
相談した結果、
もう一度、お願いすることにしたのだった…。













ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!



posted by 梅田 まりも at 01:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

国内保証援助会5。

国内保証援助会からの連絡を待つ。
ひたすら待つ。





とりあえず、現在の状況としては、
保証人候補が4人いて、交渉中ですとの電話があった。



ちょっと、ほっとする。


でも、まだ、わからない。


冷静になる。
何やってるんだろう?
また、多額に借金してどうするの?

わかってる。わかってるけど…。

今の梅田家に300万円の用意はできない。
でも、確実にXデーは近づいている。
もう、船には乗ってしまったのだ。


不安で眠れない…。







ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!
posted by 梅田 まりも at 05:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

国内保証援助会4。

本日、書類が届きました。
申し込み書とか、ガイドブックとか、規約とか、どっさり入ってる。
とにかく、ガイドブック、規約を熟読。熟読。
どこかに、汚点があってはならない。

まずは、申し込み後、父の審査。
それに合格した場合、料金、約5万円を最初に支払う。
その後、「保証人バンク」なるものに登録している保証人候補の中から、
ウチの条件に合った保証人を紹介してくれて、
保証人さんが、消費者金融の審査に合格し、融資がうまくいったら、
その後、完済するまで、この会社に、年間1万円を会員費として支払うだけ。

安すぎないか?
という点が、逆に不安だった。
何のメリットもないのに、誰が好き好んで、他人の保証人になるというのか?
カラクリが、イマイチわからない。

保証人になる方は、万が一、依頼人がバックレても、
国内保証援助会の方で、責任を取る(つまり、支払う)ので、いっさい心配はないし、
迷惑もかからないという。

依頼者(父)と保証人の直接交渉は、ぜったいに禁止。
口裏を合わせたりするには、すべて、国内保証援助会が間に入って、
取り行われるらしい。

ん〜、それにしても、保証人になってくれる人に、
それなりの報酬が支払われるはずだけど、
5万円の料金と年会費1万円の中で、いくら支払われるんだろう?
この会社の取り分もあるだろうし…。

様々な疑問が出てきたので(というか最初からあったけど)、
電話して聞いてみる(父が)。



カラクリは解けた。
融資が成功したら、融資額の5〜20%を保証人に支払うとのこと。

な〜るほど。
それならそうと、ちゃんと書いておいてほしい。
むしろ、その方が納得するのに。
保証人になる人にメリットがなきゃ、おかしいじゃん。

そのへんを、父が、オペレーターの女の子につっこむと、
ホームページにも、規約にも、書いてありますよ、と言われた。

確かめる。
ほんとだ、書いてある(苦笑)。
でも、これじゃ、わかんねぇ〜べ〜。
もっと、大きく書いておいてほしい。
こんな小さく書いてあると、なおさら、あやしいのに。
ホームページのシステムの説明ムービーでも、
そんなこと一言も言ってなかったし…。

お金がらみのメリット、デメリットがはっきりしてた方が安心する。
ウチが、いろいろ質問せずに、申し込んでたら、
融資額の5〜20%を支払うってことは、理解してなかったから、
融資成功後に「騙された〜」って思っちゃうかもしれないのに。

しかも、5〜20%って…。曖昧だなぁ。
ま、この場合、確実に20%なんだろうけど。
会社の取り分があるもんねぇ。
そう考えると、妥当な金額な気がしてきた。
国内保証援助会としては、
もし、ウチがバックレたら、相当のリスクを負うわけだしなぁ。

母曰く、
規約にちっちゃく書いてあるのは、
やっぱ、法律上、まずいからなんじゃないの〜、だって。
まあね、ようは、融資してくれる消費者金融にひと芝居打つわけだけど、
詐欺行為っちゃあ、詐欺行為だよなぁ。
それに、お金払って、乗っかろうとしてる梅田家の人間性も疑うけど(苦笑)。

2ちゃんに
「結局、5万円だけ振り込ませて、その後、ぜんぜん保証人を紹介してくれない。
 催促の電話をすると、担当が外出してるので、わからないと言われる」
とあったので、まだまだ、100%信用していたわけではなかったが、
カラクリも解けたので、正式に申し込むことにした。

すぐに、なけなしの5万円を振り込んだ。
振り込んだ証明の明細書と、申し込み用紙、
保証人の条件を記載した紙を、FAXで送る。

保証人をつければ、500万円融資してくれるというA社に申し込む予定。

もし、うまくいっても、最高20%だから、
100万円、保証人に支払わなければならない。
それでも、半身半疑でも、
保証人になってくれる人がいるのなら、
お願いするしかなかった…。
Xデーの300万を支払うためには…。







ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!



posted by 梅田 まりも at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

国内保証援助会3。

昨日の夕方、早速、父の名義で申し込んでみました。電話でね。
いろいろ、質問があったので。

とりあえず、急ぎということを伝えると、
申し込み用紙とガイドブックみたいなものを速達で送るので(福岡から)、
それをよく読んで、納得してから、申し込んで下さいとのことだった。
申し込み用紙は、急ぎの場合は、FAXでよいらしい。
さすがに、今日は、書類一式は届かなかった。


我が家の未来は、この作戦にかかっている。
冷静になれば、バカなことをしているなぁとも思う。
でも、もう時間がない。300万、300万…。

1日、仕事をしていても、気になってしょうがない。
早く届いて〜!書類〜!!
がんばって〜!郵便局〜!!






ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!
posted by 梅田 まりも at 01:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

国内保証援助会2。

家族会議で、この国内保証援助会に申し込むか話し合い。
末期だぁ…。終わってるよ、ウチの家族…。
でも、確実にXデーが近づいている。300万円が必要。

とりあえず、父は、かなりあやしいと疑っている。
私は、イメクラ時代に、アリバイ会社を使ってたことがあり、
ちゃんとしてた会社だったので、
まぁ、お金さえ払えば、こういうビジネスもあるんじゃないかと、半信半疑。

とにかく、ホームページをみんなで見る。
しくみの説明や流れの動画まであって、かなり、しっかりしたサイト。

でもなぁ…。
私は、2ちゃんの批判の件が気になっていた。

そして、さらに、いろいろ調べていると…。


俳優の三波豊和さん(三波春夫さんの息子さんね)が、
主催している全国の企業を紹介するHP「日本が元気です!」に、
この国内保証援助会が、載ってたらしんです!!

この「日本が元気です!」知ってますか?

普通、知らないですよねぇ〜。
実は、ウチの会社も、だいぶ前だけど、
この「日本が元気です!」に紹介してもらったことがあるのです(苦笑)。
かなり前なので、もう載ってませんけど…。

ってことは、やっぱり、きちんとした会社なのかなぁという気になってきまして…。
両親も、このページを見て、すっかり信用モードになってるし…。

ん〜、A8のクライアントみたいだし、三波さんも紹介してるしなぁ…。




息詰まっていた梅田家は、結局、この作戦にのっかることに決定!!
でも、不安…。すごく、不安…。

とりあえず、申し込んでみました。
結果は、随時、ご報告します。






ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!

posted by 梅田 まりも at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

国内保証援助会。

保証人が見つかるわけもなく、時間だけが過ぎていく…。
ネットビジネスの方を弟と、毎晩、徹夜で取り組んではいますが、
焦りが逆効果で、なかなか、いい結果が出ません。

そんな中、家族会議で「ショッピング枠の現金化」に踏み切るか、
検討しているのですが…。

またまた、まさに、梅田家の救世主になるのか?という、
気になる業者を発見!!


  国内保証援助会


保証人を紹介してくれるらしいです。

って、ちょっと待ってぇ〜!
あかの他人が、保証人になってくれるわけね〜じゃんっ!

ところが、こちらでは、紹介してくれるとのこと。

とりあえず、料金は、約5万円を支払うと、
条件に合った保証人を探して、紹介してくれるんだって。

5万円かぁ…。いいとこついてくるなぁ…。
無理すれば払える金額。
これで、うまくいけば、大口融資が望めるし…。


いかん、いかん!
冷静に、冷静に。


2ちゃんの専用スレが、同じトップの検索ページに載っていた(苦笑)。

悪口ばっかり。
やっぱ、インチキなの?サギなの?
そんな、うまい話あるわけないかぁ〜。
でも、よくよく2ちゃんを見ると、
こことは違う保証人紹介センターの悪口も混ざってるみたい。
いいことも書いてあるし…。

そもそも、消費者金融の比較サイトの
アフィリエイトっぽいバナーから見つけたんだけど、
調べたら、ASPが「A8」。
う〜ん、A8が扱ってるくらいだから、ちゃんとしてるのかなぁ?


ど〜なのぉ〜?






ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!










posted by 梅田 まりも at 01:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

保証人。

保証人。
これになってくれる人がいたら、どんなに救われるでしょう。
でも、このご時世、保証人になってくれる人がいたら、
苦労しませんよね。

保証人を頼む方としては、
「ぜったい迷惑はかけない、ちゃんと完済するから」って言って、
頭を下げるんでしょうけど、多重債務に陥った人間を信じてくれる人なんて、
よっぽどの大金持ちか、お人よしです。
実際、私も、友人の保証人になってしまったがために、
その友人に夜逃げされて、
3000万の借金を背負ってしまって苦労している人を知ってますし、
そういう話はよく聞きます。
イメクラのお店にも、彼氏の保証人になってて、逃げられて、
500万の借金を抱えている34歳(お店では24歳、苦笑)の娘(?)もいました。
だから、



「死んでも保証人だけにはなるな」



って言いますよね。私もそれに賛成です。
でも、今、こうして、保証人を必要とする側になってしまって、
とても複雑です。
やっぱり、人間だから、大好きな友達や尊敬する人に嫌われたくはないし、
迷惑もかけたくない。心配もかけたくない。
でも、誰か保証人になってくれる人がいたら、きっと神様に思えるでしょう。
そして、
「ぜったいに迷惑はかけない。ちゃんと完済するから」って、
言ってしまうんでしょうね。
でも、迷惑をかけない保証なんて、どこにもないんです。


情けない…。


保証人には、死んでもならない。これが、正論だと思います。
でも、今、梅田家は保証人を望んでいます。



金の切れ目は、縁の切れ目。



わかっちゃいるけど…。



父ちゃん 「さすがに、(友達に)保証人になってくれ、とは言えないよなぁ。」


一応、5年程前に、ひとり親戚のおじさんが、300万の保証人になってくれています。
それが、Xデーの300万、一括返済なんですけどね(苦笑)。
ちなみに、私自身も400万円、父の保証人になってますケド…。
これが完済するまで、こりゃ、結婚できないわ…。

最近も、一応、父が親戚に頭を下げに何度か行ってますが、
もちろん、すべて断られています。
あたり前だよなぁ…。






ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!


posted by 梅田 まりも at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

不動産担保。

昨日の続きになりますが…。

不動産があったら、とっくに苦労してないんですよね〜。

梅田家は、昔は、田舎の小金持ちだったので、
土地はけっこう持ってました。おじいちゃんの財産だけど。
でも、平地は、もう全部、売ってしまって。
あとは、山林が2箇所あります。
けっこう広いんですけど、山。
このご時世、山林は担保にならないのです(昔から、ならないかな?)。
そして、価値も低いので、売れない。買う人がいない。

住居は、築15年ですが、9LDKの2階建ての洋館。
田舎では、普通の大きさですが、
都会の人からしたら、かなりの豪邸だと思います。
同じ敷地内に、会社の工場というか、事務所もあります。
駐車場も、車10台くらい停められるかなぁ。
バラが咲き乱れる、お花がいっぱいのお庭も、もちろんあり。
両方とも、父の名義で持ち家、
建てた時は、金持ちだったので、一括払いで住宅ローンなし。

なので、家と会社の建物を担保にすれば、
高額融資が望めるんだけど…。
問題は土地。
この家が建っている土地が、
梅田家の所有物ではないのです。

田舎にはよくあるみたいですが、
昔から近所にある大きな古〜いお寺の檀家ってやつで、
ここはお寺の土地なのです。
小金持ち時代に、おじいちゃんが、この土地をお寺から買おうとしたのですが、
この辺は、み〜んなお寺の土地なので、
一軒だけぬけがけはダメよ、みたいなことで(←なんじゃそりゃ…)、
檀家のみなさまから、猛反発をくらい買えなかったんです。
だから、つまりは借地。
建物は自分達の物ですけど、土地は借地。
でも、月々とか年間で、借地料を払っているわけでもなくて、
かといって、借地書みたいな書類も存在しないらしいのです。
昔の口約束(←いい加減だなぁ…)。

そんなわけで、「借地上の建物」でも、
担保として扱ってくれるローン会社を探したのですが…。
これも、見つからず。というわけなのです。




誰か、山林買ってくれ〜!!






ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング  クリック、よろしくお願いします!







posted by 梅田 まりも at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

おまとめローン。

多重債務者が行きつく先、おまとめローン。
たくさんのところから借りてるから、
それを金利の低いところで一本化して、
毎月の返済額を減らすってことが、メリットなんですけどね。

これが、審査がなかなか通らないみたいですねぇ。
銀行のおまとめローンは、かなり厳しい審査のようです。
銀行系消費者金融も、梅田家の場合は、まず無理。
件数多いし、金額も多いし。家族全員だし…。

いや、でも、ダメもとで、父で申し込んでみたんだけど、玉砕。
まぁね、属性も悪いし、申し込みブラックだしねぇ…。

多少、金利は高くても、まとめられるのなら、一本化したい。
というより、ウチの場合、そのおまとめ目的で借りたお金を
Xデーの300万にあてるわけですが…(←まちがってるのは承知です)。

有名な東京スター銀行とか、銀行のおまとめローンは
(そもそも、ウチは審査に通らないわけだけど)、
可決した場合、その後、
他の借り入れしていた業者の完済した証明を送らなければならないみたい。
あたり前か。「おまとめローン」だもんね。

でも、その証明が必要のない、おまとめローンもある。
つまり、おまとめローンって言っときながら、実際、用途は自由。
ま、そういうマイナーな消費者金融がやってるおまとめローンは、
金利が、高いんだけど。
「おまとめローン」とうたってないけど、
大口で300万貸してくれるトコもいっぱいあるから、
本気で、おまとめしたい人には、いいよねぇ。


ということで、CMとかやってないマイナーな消費者金融の
なんちゃって「おまとめローン」に、懲りずに、父で申し込み。

すると、保証人をひとりつけるか、不動産担保で、500万円融資可能とのこと。

やっぱり、保証人かぁ…。







ランキングに参加しています!
      ↓
人気blogランキング
クリック、よろしくお願いします!





posted by 梅田 まりも at 01:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 借金返済術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。